【DQW】「自宅機能」搭載で田舎不利にはならない?位置偽装もしなくて良い?

最新情報

ドラゴンクエストシリーズ初の位置情報を活用したスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」。

位置ゲーと言えばポケモンGOが有名でありますが、現在はマシにはなったもののリリース当初は都会が有利でポケストップが少ない田舎が不利なゲームとして田舎に住むユーザーを苦しめた過去があります。

一方で今話題となっている”ドラクエウォーク”に関しては田舎に住んでいる方たちも楽しんでもらえるよう、対策として「自宅機能」を実装しているようです。

自宅機能とは


自宅機能とは、日本を模したフィールドに”拠点”という名の「自宅」を設置する事ができる機能。主にこの自宅をスタート地点とし冒険をするのがこのドラゴンクエストウォークになっているわけですが…

ポケモンGOと違う点は、この自宅(拠点)を自由に選択できるという部分。

そうすることで、田舎に住んでいたり活動範囲が狭いユーザーでも、都心や熱いスポットに拠点を置くことでその場所から冒険を始める事ができるというもの。

極端に言えば沖縄に住んでいる方でも、現住所のままゲーム上の地図で北海道に拠点を移せて冒険ができるという神仕様なわけです。

おでかけボーナス
また冒険が終わって自宅に戻れば「おでかけボーナス」と称してその日の歩数やスコアなどを確認でき報酬などが貰えるとのこと。そして自宅の大きくするために必要な自宅ランクアップにも大きく影響する仕様となっています。

※注意※
現段階の発表情報を元に都合の良いように解釈し記述しています。もしかすると現在地の半径10km以内でしか移動できないといった制限があるかもしれません。

模様替えができる

ドラクエウォーク自宅模様替え
自宅機能の大きな魅力に、模様替えができるという点が挙げられます。ゲーム内で集めた家具やフィギュアなどを設置することができて自分好みに部屋をカスタマイズすることができます。

どうぶつの森といった自分の部屋メイクが家づくりゲームが好きな人には面白い要素ですね。

他ユーザーの自宅も覗ける

作成された自宅は他のユーザーに訪問してもらえるよう公開でき、時に自分自身も他人の自宅を除くことが可能です。

他人の家はただ鑑賞するだけでなく、ドラクエ特有の「アイテム調べ」も継承しています。

攻略に役立つアイテムが手に入るので、他人の家を覗くことがゲームを優位に進めることにしっかり繋がるわけです。

村ができるかも?


この辺は憶測ではありますが、他人の自宅を覗けるという事はフィールド上に他のプレイヤーの自宅が並んでいる光景も想像できます。

つまり本当にドラクエの世界にあるような、村が自然とできていくことを考えると興奮もの。

また近くにプレイヤーがいると思えば、リアルな世界でも交流できるきっかけとなる可能性もありますね☆