【コロプラセルラン操作問題】ドラクエウォークの正式リリースに影響は出るのか?

最新情報

2019/6/21に発覚したコロプラの不正セールスランキング操作問題をご存知でしょうか?

上位に食い込む事でスマホゲームタイトルの価値上昇と集客、そして会社としての業績アピールにも繋がる各アプリマーケットの「セールスランキング(売上ランキング)」。

最果てのバベル
コロプラはこのセールスランキングの上位を狙うために、第三者へ850万円を支払い、新作スマホゲーム「最果てのバベル」へ課金を促したという事案。つまり自作自演で自社アプリを評価したというわけです。

そしてさらにこの不正行為がアップルストアの規約違反に該当し「対象のアプリが削除」もしくは「アカウントが停止」処分を受けるのでは?という予測も立てられるほど話題になっています。



さてここからが本題。本ブログのメインテーマであるドラゴンクエストシリーズ初の位置ゲーム「ドラクエウォーク」。

運営はもちろんスクウェアエニックスさんですが、問題なのは開発サイドに携わっているのが渦中にいるコロプラさんだということ。

この問題に対し、ドラクエウォークリリースに期待するファンから不安の声が上がっているようです。

そして今回の騒動が発端で、コロプラへの信用を無くし開発に携わるゲームはしないと宣言する有識者も現れる↓


このようにドラクエウォークの開発からコロプラが降りてほしいと懇願する方もいるが…

上記のように今回の位置ゲームはコロプラさんがいて成り立つものであるため、共同開発から降りる可能性は少なく、開発運営が変わることも難しいかと思います。

正式にリリースはできるのか?

ドラゴンクエストウォーク情報局
ドラクエウォークを待望しているユーザーの声をお届けしましたが、ここで気になるのがコロプラが携わった開発であることから「ドラクエウォークのリリースが滞るのではないか?」という疑問です。

もしこれからアップルさんがコロプラのアプリを停止する処置をとればその可能性も0ではありません。

ただ幸いにも今回のドラクエウォークのリリース先はスクウェアエニックスのデベロッパーアカウントである事から、ドラクエウォークのリリースができなくなる可能性は極めて低いとも言えます。

しかし過去にアプリ開発・運営の経験のある筆者からすれば「停止アカウントがリリース元と同一である」という判断でアカウントが停止されるケースを目撃してきました。

こういった個人的な経験を含めあくまで推測ではありますが、GoogleとAppleの気分次第では「ドラクエウォークがコロプラと関与しているからアップしないよ」という理由でスクエニさんに通告がいく事案も捨てきれません。

アプリマーケット側が今後のコロプラにどう対応するのか注目したい所です。

まぁ、アカBANされたところで自サーバーにアップすれば大丈夫だとは思うけどね。(Android版に限る)頼むから…夏にはリリース間に合ってくれよ…