【DQウォーク】「すばやさ」はそこまで重要ではない!?武闘家・盗賊は微妙?

戦闘画面 攻略

ドラクエシリーズのゲームシステムをどれだけ継承しているのかが注目されている「ドラゴンクエストウォーク」。

色々調査していると、本作は従来のシリーズとは少し違った戦闘システムである事が判明しました。

すばやさの高い順に行動選択する

従来のドラクエシリーズは主に「めいれいさせろ」という各キャラクターごとに行動を選択できる戦闘パターンにした場合は、最初に味方キャラクター全員の行動を設定したあとバトルが始まるというものでした。

しかし今回ドラクエウォークの戦闘は味方が「『すばやさ』に依存した順番で行動を選択する」という仕様になっているようです。

上記動画は実際のドラクエウォークの戦闘画面となりますが、すばやさの高い「メタルスライム」はエンカウントした瞬間すぐに行動し、その後プレイヤーの行動を選択できる様子が確認できます。

つまり今回のドラクエウォークは最初に味方全員の行動を選ぶのではなく「すばやさ」に順した流れで行動選択が可能。行動選択後はすぐに味方が行動するという事になります。

「すばやさ」低いほうが有利?


以上の戦闘システムであることから、もし味方キャラ全員の「すばやさ」が敵よりも下回っていた場合は敵の行動を見てから動けるという事にもなりますよね。

例えば「メタルスライム」が先行で逃げてしまった場合、従来のドラクエシリーズでは味方キャラはメタルスライムに合わせた行動(まじんぎり・メタル斬りを選択など)になってしまうので非効率な戦闘となりがちでした。

ですが今回のドラクエウォークは「メタルスライム」が逃げても、次にすばやさが優秀なプレイヤーがフォーカスされすぐに行動可能なので、ダメージを負った後でもすぐに回復できたりと、臨機応変で安定した「後攻行動」を行えるわけです。

となると、すばやさの重要性が低くなってくる印象です。特にステータス「すばやさ」が優秀な職業「盗賊」「武闘家」がうまく生かしきれない局面も出てくるかもしれません。

といっても今後上級職が登場する可能性と、永続効果を考えればマスターする価値はありますが、「すばやさ」が特化上昇する武器やアクセサリーの装備優先度は低いという事になりそうです。

感想まとめ

今までのシリーズと違って安定した立ち回りができそうだけど、これは同時に「行動をキャンセルできない」ということにもなるから、より慎重に行動を決めていかないと駄目だね!