【DQウォーク】新要素「まほうのつぼ」とは何か?錬金or宿屋?歩く目的なるか?

考察・雑談

ドラクエウォークβ版配信から1か月経過した現在、未だ謎に包まれているシリーズ初の新しい要素となる「魔法の壺」。

本作のメニュー画面に配置されている「壺マーク」はβ版時点では利用できず、そのビジュアルからは色んな憶測が飛び交っています。

本記事ではそんな不透明な「まほうのつぼ」について世間の考察や個人的な意見を交えて紹介していきます。

錬金窯説


まほうのつぼ」についての機能として最も有力とされているのが。近年のドラクエシリーズで登場する「錬金窯」システム。

錬金窯とは、冒険で集めた素材+装備やアイテムを入れる事でより強力な装備アイテムへグレードアップさせるシステムです。


例えば、やくそうを2つ入れると上やくそうになったり、ブロンズナイフ+ブロンズナイフ=どうのつるぎといった感じでアイテムから装備まで生成する事が可能。

このように錬金窯と似たようなシステムであれば、生成するアイテムのレア度に応じた距離を歩くことが生成の条件となりドラクエウォークの歩くというコンセプトにマッチしそうな印象。

ポケモンの卵
ポケモンGOでいう所の「ポケモンの卵」的な存在になれば、ドラクエウォークで足りないといわれた「歩く意味」も補えますね。

素材は確認されていない


実際、このような錬金窯説が採用されていれば楽しそうではあるものの、、残念ながらβ版配信では素材らしきアイテムは確認されていません。

となると武器の生成。というよりは「やくそう」や「強化石」といったアイテム同士専用の錬金窯である可能性が高いと見込まれます。

魔法取得機能説


ドラクエウォークで賛否が広がっている理由に「習得するまほうとスキルは武器に依存する」という点があります。

しかし実際☆5の武器ですら装備しても習得できる魔法の数は3~4程度でかなり少なく疑問に思うファンも多い印象です。

そこで唱えたいのが「まほうのつぼ」は各キャラクターにまほうやスキルを覚えさせる要素説

例えば、

  • 武器そのものにアイテムを使って歩く距離に応じたまほうが備わる。
  • プレイヤーそのものが永続魔法として覚える

といった内容であれば、この武器依存というドラクエらしくないゲームバランスも改善され、さらに歩くモチベーションにも繋がってくると思います。

HP/MP全回復要素

以上の2説はユーザーにとっては「こうだったらいいなーー…」という願望が強い考察でしかありません…。。

実のところ現実的に考えた場合「まほうのつぼ」はジェムを使った全回復要素ではないか?という説がかなり有力なのです。

確かにβ版配信では自宅で全回復できるいわゆる「宿屋」的な部分は確認できず、HP/MP回復は主にフィールド上の壺や時間経過による、自動回復・アイテムの使用がメインでした。

さらにゲームバランス的にも敵が強くて回復が追い付かないという報告も見られるほど難しい印象。運営的には従来のスタミナ回復的な意味でジェムの消費を加速させたいのかもしれませんね。

ユーザーの反応まとめ

  • もし錬金窯的なんだったらβ版でしっかり試すべきだったんじゃないか?
  • フィールドのツボから出た素材いれて、一定距離歩くと装備が作れるとかだったらいいなぁ
  • 宿屋説はかなりあると思う…それだけはやめてくれ…
  • β版で使えなかったってことはそこまで目玉システムじゃないってことかもしれんぞ
  • 魔法習得とか錬金だったら面白いんだけどなー…本配信後でもいいから追加してほしい

個人的感想まとめ

ぶっちゃけ、HP/MP全回復が有力だろうね…β版でお披露目しなかったのも批判されるから…そーゆーことかも…