【DQウォーク】うで試しクエスト「静じゃくの森」攻略方法・ボス倒し方

静寂の森 攻略

うで試しクエスト静寂の森」(適正レベル25)についての詳細攻略のコツを紹介していきます。

道中の立ち回り

さまようよろい
フィールドやボスまでの道中で登場するモンスターはかなり強化され、回復を意識した立ち回りが必要です。

特に気を付けなければならないのがフィールド上でのみ出現するさまようよろい」。

出現率は低いものの、他のモンスターと比べHPと防御力が抜きんでており、高い火力も持つため気を抜くと仲間が瀕死状態に陥るので要注意

もし遭遇した場合は、オートバトルはキャンセルし直接行動指示する方が無難。もしクエストクリアを目的とするならば、回復アイテム節約のため逃げる事も選択肢として有効です。

尚「さまようよろい」以外の敵は適正レベル以上であれば、難なくプレイできる程度の難易度なのでオートバトルでも問題ないでしょう。

BOSS攻略のコツ

うで試し「静じゃくの森」ボス
主に攻撃担当が「よろいのきし」で、サポートが「キャットバット」といったボス戦配置。

キャットバットは1ターン休み効果の「ねこだまし」と呪文を封じる「マホトーン」がメインの行動となり、ダメージに影響のある攻撃はほとんどしてきません。

そのため火力の高い「よろいのきし」を優先的に倒すことが攻略で最も重要な立ち回りとなります。

しかし、キャットバットが「マホトーン」をかなり連発してくるので「マヒャド」「バギマ」といった呪文攻撃や「ホイミ」などの回復呪文は全く活躍しません。

なので、よろいのきしを倒すには魔法攻撃よりも「ゴッドスマッシュ」や「雷光さみだれ突き」などの物理特技攻撃が有効で、回復も道具に頼る形で準備した方が良いでしょう。

クリスタルクロー

さらに「きあいため」と合わせると400以上のダメージを与えることができるので、本クエストは「クリスタルクロー」があれば楽に攻略できる印象です。

このように対呪文クエストといった感じの内容なので、魔法使いよりも「武闘家」や「戦士」構成のパーティーの方が有利に立ち回れます。

よろいのきし」さえ倒せれば怖いものはないので、敵がキャットバットのみになれば「オートバトル」に切り替えて問題ないでしょう。

出現するモンスター

フィールド(あ順) オーク/がいこつ/ギズモ/キラービー/さまようよろい/しびれくらげ/スマイルロック/スライムナイト/タホドラキー/どくイモムシ/どくどくゾンビ/ともしびこぞう/ドロヌーバ/トンブレロ/ひとくいサーベル/プリズニャン/ヘルボックル/ベビーサタン/ベビーマジシャン/ポイズンリザード
etc…
初戦 ヘルボックル x 2 がいこつ x 1
2戦目 ベビーサタン x 4
3戦目 ギズモ x 4
BOSS戦 キャットバット x 2(HP 700前後)
よろいのきし x 2(HP 850前後)

初回報酬

装備 その他アイテム
ペロリンステッキ☆4
理性のリング☆3
ジェム x100
ゴールド x25000

補足情報

本クエストは火力魔法使いに必須の「メラミ」を習得する☆4ペロリンステッキアクセサリー理性のリング」の唯一の入手ポイントとなっています。

さらにボスを倒せば、クエスト報酬とは別に宝箱2個から「中ぶき強化石」「中ぼうぐ強化石」が2個ずつ手に入り、貰える経験値は4229とそもそも美味しいクエストです。

一度クリアすると二度目の挑戦ができなくなる特徴はあるものの、確実に消化しておくべきクエストと言えます。

クエストストーリー

腕試しがしたいと考える主人公一向は、試練一族の長男が考えた試練に挑戦する。クリア後は父親の存在が示唆され、より難しい試練が待ち受けている事を知る。

参考動画